HOME > ブログ > 工事・手入れ > 冬の薬剤散布について

冬の薬剤散布について

< ふきのとう  |  一覧へ戻る  |  春の訪れ >

 こんにちは!

 

今回は、普段イエナが行っているお庭のお手入れの一つ、薬剤散布についてご紹介します。

 

イエナでは年間を通して適した季節や樹木に合わせ、害虫や病気の被害を予防するため薬剤散布を行っております。

冬に行う薬剤散布が"石灰硫黄合剤"や"マシン油乳剤"です。

樹木の病原菌や害虫は、春になると活動を始めるため、冬の薬剤散布はこの病害虫の被害を抑える大事な作業です。

 

 

先日行った薬剤散布の様子...

 

IMG_4781.jpg

薬剤を散布する前には、薬剤がついてもおとしやすいよう、敷石や窓などにたっぷり水を撒きます。

 

IMG_4790.jpg

 

IMG_4794.jpg

噴霧器をこまめに動かし樹木の全体(特に葉の裏側)にしっかり散布します。

 

 

病気や害虫の影響で、樹木の成育が悪くなったり、枯れる原因となってしまいます。

樹木のためにも、年間通した定期的なお手入れをオススメします!

 

 

 

ou

 

カテゴリ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 冬の薬剤散布について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.jena-ls.co.jp/tkn/mt-tb.cgi/195

< ふきのとう  |  一覧へ戻る  |  春の訪れ >

このページのトップへ